コドモ国際救助隊「ダビンチーズ ARE GO!」第3回目が終了しました!

クラス総がかりでガチャポン作りスタート!

前回大成功に終わったゲーム大会。

お家の人やお友達、通りすがりの地域の人たちを招いて遊んでもらいました。

今回は、そのゲームをダビンチボックスのオンラインショップに出品するための準備の時間。

広告を作ったり商品の写真を撮ったりします。

…のはずでしたが、しばらく各チームで取り組んでいると、今日はなんだかみんなそわそわ、うずうず、落ち着きがありません。

すると、「新しいゲーム作りたい!」と自分たちで制作を始める子たちが何人か出てきました。え?!また?!

これまでに作ったゲームの数は、多い子だと4つほど。ゲームのアイディアがどんどん溢れてくるのか、それともダンボールを使って制作したい欲が爆発しているのか。

フェルマージュでゲーム作りが始まってからちょうど2ヶ月ほど経っていますが、毎週取り組んでいても飽きず、よっぽど楽しいようです!

 

そこでMac先生から「じゃあ今回はみんなで1つのゲームを作ろう!」と提案が。

それを聞いて、今限定的に夏休みのみ登園しているAくんが「ガチャポン作りたい!」と発言。

すると、他のお友達もみんな「ガチャポンがいい!」と賛成して、ほぼ満場一致で急遽ガチャポンの新しいゲームを作ることになりました。

 

そうと決まれば取り掛かりがかなり早いのがこのクラスです。

本体を作るチームと、ガチャポンのカプセルを作るチームに分かれて作業開始!

 

本体班は、前回までに使っていたダンボールを再利用することに。

一面ぽっかり空いていた穴もうまく利用してカプセルが見える窓にしました。

窓にはクリアファイルを切り取ってダンボールの内側から貼り付けます。ナイスアイディア!

 

 

カプセル班は、ダビンチにあるものでカプセルを作ろうと考えた結果、大量にあったトイレットペーパーの芯を使うことにしました。

・芯を折りたたむ担当

・芯に切り取り線を描く担当

・ハサミで切り取る担当

と3人に分かれて、完全分業!超効率的です!

 

カプセルの中には通常だと景品が入っていますが、今回はカプセルが小さいので中には「当たり」と「ハズレ」の紙を入れます。

これもよく考えられていると思います!

 

ダイアル部分は、ネットで調べて空いたペットボトルを使うことに。

 

うまくカプセルが1つずつ落ちるようにアイデアを出し合い、何度も調整していきます。

形になってきました。

 

そして次の週。だいぶできてきたガチャポン。
せっかく作るので、世界にひとつだけのガチャポンにしよう! ということで、外見をロボットにすることに。

 

ロボットデザインのアイデアを出そう!

デザインは全員にイラストを描いてもらい、多数決で決めます。

可愛いアイデアがたくさん!

多数決で上位4つまでのアイデアを足して、さらに可愛いデザインにすることに。
早速パーツごとに政策グループを決め、作り始めます。

右腕チーム
左腕チーム
帽子チーム
顔チーム

手にはなぜか魚(鰹)と剣を持っているということなので、剣や魚という小道具も作ります、

顔もできました!

次回は出来上がるかな?
楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です