コドモ国際救助隊「ダビンチーズ ARE GO!」第3回目が終了しました!

プログラムのフローを考えよう

前回まで、チャットボットでチャットのシステムを試してきましたが、今回は「あれ検索」のフローを考えてみます。システムのフローといっても専門的なものではなく、A→B→Cというような簡略化したチャート。四角と矢印でシステムが何を話し、どのように質問していくべきか、というプログラミング的な思考を鍛えることになります。内容がちょっと複雑になるので、今回は面白おかしく進めていきます。

まず、システムとしてのゴールを再確認。何がどうなれば目標達成か、これを紙の一番下に書きます。

「考えているキャラクターが見つかること」

次に、最初に何を聞くかを一番上に書きます。この場合は、「はじめまして」という挨拶。

それから、空いた真ん中のスペースをフロー図で埋めていくのですが、一度自由に考えさせてみます。

ここで出たアイデアはおおよそ間違いがあります。その間違いを楽しく理解させるため、私がシステム、子どもたちがユーザーになり、口頭でチャットの流れを確認。矢印がなければ黙ってしまってシステム終了だし、質問の順番が間違っていても構わずフロー図の通りに話します。会話としては噛み合わず、楽しいのですが、間違いは間違い。それに気づいたら自分で直していきます。

今回の目的はシステムの大まかな構造を理解すること。最初にその構造に近づいたのが、Mちゃんでした。データベースからデータを引っ張り、次の質問を出す。答えによって次の質問を変えるけど、おおよその質問の流れは同じ。

そんな感じで、最後まで自然な流れの会話で検索ができました。
検索の範囲を、ジャンプのキャラクターではなく、名探偵コナンのキャラクターに絞ったのもスマート。範囲を絞って考えることで、あれこれ考えずに質問に集中して進められました!

サポーター募集!

  • LINEのチャットボットAPIがわかる人
  • CSVのデータベースとチャットボットのつなぎこみができる人
  • よくわからないけどすごく興味があってやってみたいから手伝ってみたい人

サポータに応募
Facebookグループに参加するだけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です