コドモ国際救助隊「ダビンチーズ ARE GO!」第3回目が終了しました!

2枚のおもしろカードでキャラの名前をつけるゲーム

前回、最後に考えたアイデアを試してみる回です。

面白いキャラクターの上半身の絵が描かれたカードと、下半身のカードをランダムで合わせて1つの絵にし、その名前を1人ずつ言っていき、一番面白い人がポイントをもらえるというゲーム。

早速カードの絵をみんなで描いていきます。ここで早速新たな発見。みんながクスクス笑いながら描いているんです。とても楽しそう。それもそのはず、「面白い絵を描く」ということが決まっているので、当然描いている本人も楽しくなります。この体験をユーザーにも味わってもらえないでしょうか。

遊んでみよう!

さあ、カードができました。

1人ずつ引いていき、上下でカードをくっつけてみると…

面白い! 思った通り、いや、思った以上に面白い! 絵を見ただけでみんな大ウケです。

さて、名前を考えていきます。

「オニオンコーン」「ソフトクリームニンニク味」

もちろん笑いが絶えません。ヤバイ、マジで面白い!

どの組み合わせも面白く、さらにお題である名前も面白い。ダブルの楽しみがあります。

しかも、一度遊んでも同じカードの組み合わせになる可能性がとても低く、何度遊んでも飽きない気がします。これは期待できそう!

ただ、「キャラクターに名前をつける」というお題がちょっと難易度が高いようです。名前っぽい言葉を思いつくのにはみんな時間がかかっています。そこで、カードが減ってきたときにルールを試しに変えてみます。「名前でなく、そのキャラが発する一言」にしてみよう。

うん、これもウケました。

全体的にとても面白く、このまま商品化してもいけそうな予感。

 

さらにアイデア!

プレイしてみてわかったこと。
遊ぶこと自体、すごく楽しいのですが、カードを作っているときも同じくらいワクワクでした。
そこで、カードの中にブランク(無地)ものを入れて、ユーザーにも描く楽しみを経験させてみたらどうだろう、ということになりました! Great idea!!

 

ここで今回は時間に。次回は、他の人にも試してもらい、本当に面白いか検証。フィードバックももらって改善です。

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です