コドモ国際救助隊「ダビンチーズ ARE GO!」第3回目が終了しました!

チャットボットを知ろう

試してみよう

「あれ検索」の要件がおおよそ固まってきたので、今日はチャットボットについて調べて試す時間。LINEのチャットボットをもとに、仕組みを習います。

特定の質問に対し、どのように答えるかを設定しておくと、その通りに答えます。場所や時間などの情報を引き出し、会話に入れることも。

なるほど。こんな風に動くんですね。

さあ、仕組みがわかったところで、チャットボットの大まかな流れを作ります。

 

とても参考になるサイト

流れをつくる上で参考になりそうなサイトがあります。
Akinator(アキネイター)です。
https://jp.akinator.com/game

アキネイターは、思い浮かべた有名な人物やキャラクターを魔人が当てるというゲームサイト。これが結構当たるんです。

確かに当たるんですが。。
質問の仕方はここから真似ようと思いましたが、ちょっと質問が多い。。

「あれ検索」は、言葉が思い出せないときのための検索なので、言葉を引き出すための質問をしなければなりません。ジャンルから質問し、最終的に三つの選択肢をイメージ付きで出しますが、絞りこむための質問は多くなりそうだし、質問の仕方はかなり難しそう。

逆転の発想

そこで、逆に考えます。

可能性のある3つの答えを早い段階で出しておき、絞り込みをするメニューを上に付けるのです。(言葉への対応は後から考えます。)
こうすると、思っているものに当たったときにすぐに答えを見つけられそう。

この仕組みで考えて見ましょう!
でも開発は難しそう。
引き続き、興味あるエンジニアからの連絡をお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です