コドモ国際救助隊「ダビンチーズ ARE GO!」第3回目が終了しました!

新しい公園の遊具をつくろう(ダビンチボックス5回目)模型に挑戦

今回は、前回大量に作った正三角形のダンボールを組み合わせて、ポータブル秘密基地の模型をつくります!

50個以上つくったので、しっかりしたものができるはず。サンプルの建物を見ながら早速組み立てていきます。ここもあえてアドバイスなしで進めさせてみました。

下から組み上げていく方法で、数も数えずどんどんいきます。三段、四段くらいになると、組み合わせがずれてきました。

ズレを補強しようとすると形が歪みます。最終的にこんな形になりました。

なんかイビツですが面白いです笑。こんな形にもできるということですね。自由度があって良さそうです。

きちんとしたドーム型もつくりたいので、今度はサンプルの建物の三角の数を数えて挑戦。こんな形になりました。意外と小さい。

なので、おそらく一枚がこれくらいのサイズになればちょうど良さそう。

三辺がワイヤーになっていて、組み合わせたときにパチっと留まるようにマグネットがあると、ズレ防止になり、組み立ても簡単になります。

簡単に持ち運びもできるので、公園でも屋内でも場所を選ばずに自分の思うようにスペースを作ることができます。

どうでしょう。

子どもたちは、こんなふうにパーツごとにカラフルな色をつけたり、すべり台との組み合わせであそび方を考えたりしていました。

 

Amazonを見てみると、こんなおもちゃもあるようです。これが巨大になった感じですね。

サポーターの皆さんからの意見や廃材の提供をお願いします

このアイデアを実現するのに、いろいろな課題が待ち受けています。
もし、アドバイスなどございましたらコメントにてお知らせください。Facebookグループでも受け付けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です